事業計画立案

非営利組織の存在意義は、社会課題の要因となる事柄に働きかけて人々の意識や行動、生活などに変化を起こし、社会課題の解決に寄与することにあります。非営利組織は、社会課題を取り巻く環境を的確に把握し、事業活動を通じて人や社会へと働きかけを行っていくことが求められます。

しかしながら、少ない人材や資金で運営する多くの団体においては、日常業務に追われるあまり中長期的な展望を持てずにいたり、これまでの実績や組織内部の人間関係を重視するあまり社会のニーズの変化に応える新しい事業展開のビジョンを描ききれない、といったことがしばしば起こり得ます。複雑で困難な社会的課題を扱い、さまざまな支援者・協働パートナー等との連携によって成立する非営利組織は、事業展開の方向性を見定めていくにも、その活動を取り巻く数多くの要素を系統的に整理し、筋道の立った計画を構築する必要があります。しかし、こうした検討作業には本来多大なリソースを必要とするものです。

事業計画立案支援プログラムでは、団体の事業環境を幅広く把握して客観的に分析した上で、社会的課題をめぐるさまざまな外部環境の変化に対応しながら、いかにして社会的課題の解決に寄与していくべきかを中長期的な視点で検討します。事業計画立案支援プログラムは、団体がさらなる成長を遂げるために、3〜10年単位の将来に向けた事業方針を見出し、次のアクションにつなげる契機となるプログラムです。

サービスグラントで提供すること

○ 団体が取り組む社会課題と、事業を取り巻く外部環境要因を整理して、NPOが抱えている事業運営や組織上の課題を洗い出します。
○ 外部関係者へのヒアリングや事業領域の動向に関する情報収集を行い、客観的な分析に基づき、団体がさらなる成果を創出していくための事業の基本方針と、中長期的な目標を提案します。
○ 目標実現のために実施すべき施策を検討し、明確な優先順位付けにもとづいて、いつ、何を実行すべきかを整理して、事業計画表を作成します。
○ プロジェクトの開始から終了までの期間は約6ヵ月です。

標準的なチームメンバー構成

アカウントディレクター
プロジェクトマネジャー
マーケッター
ビジネスアナリスト

こういうNPOにおすすめです

○ 活動開始から地道に実績を積み上げてきたが、なかなか思うような成果が出ておらず、今後の方向性を探っている。
○ 同じようなプログラムやサービスを提供する事業者が増え、参加者や会員、支援の獲得が難しくなってきた。
○ 長年の活動で参加者や会員、支援者が固定化しており、新しい人々に活動が広がっていかない。

活動計算書上の金銭換算値

このプロボノプロジェクトの活動計算書上の金銭換算値は、約350万円に相当します。
活動計算書上の金銭換算値について、詳しくはこちらをご覧ください

これまでの実績紹介

  • 役割や課題について言語化された資料は、今の業務の中でもよい判断基準に
    more 
  • 作成した事業計画が、文部科学省のSPHの指定につながりました
    more 
  • 共通認識を役職員が共有する土壌ができたことが最大の財産
    more 
  • 組織がどう見られているのか、どう話せば伝わるのかを学ぶことができた
    more 
  • プロボノのサポートは今でも組織運営にしっかりと根付いています
    more 
  • 気づいてこなかったこと、視野の外にあったことを指摘してもらいました。
    more 

 

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT