ウェブサイト


NPOにとってウェブサイトは必要不可欠な情報発信基盤となっています。
ウェブサイトを整備することは、ボランティア・寄付者・協働企業・行政・メディア等、NPOにとって重要なステークホルダーに対して、団体の活動を分かりやすく的確に伝えるとともに、それらのステークホルダーとのつながりをつくり、連携・協働の可能性を広げることに直結します。
サービスグラントによるウェブサイト支援プログラムは、必要な情報を読み手の視点に立って整理し、効果的に情報を伝えていく機能性と、人目を引くデザイン性を兼ね備えたウェブサイト構築を通じて、NPOの発信力を高め、活動の広がりを応援します。

サービスグラントで提供すること

○ 関係者・ステークホルダーに対するヒアリングや他団体・関連分野のウェブサイトの分析などを踏まえ、NPOのウェブサイトの方向性を提案します。
○ HTML等のテンプレート15〜20ページ程度の規模のウェブサイトを制作するため、サイトの設計・コンテンツの整理と編集・デザインの作成を行います。
○ ウェブサイトの管理・更新を容易にするためのシステム(CMS=コンテンツマネジメントシステムと呼ばれます)を導入します。
○ プロジェクトの開始から終了までの期間は約6ヵ月間です。

標準的なチームメンバー構成

アカウントディレクター
プロジェクトマネジャー
マーケッター
ウェブデザイナー
コピーライター
情報アーキテクト(IA)
マークアップエンジニア

こういうNPOにおすすめです

○ ウェブサイトのコンテンツが整理されておらず、しばしば、外部の人から「分かりづらい」と言われる。
○ ウェブサイトを数年前に立ち上げたが、メンテナンスが十分できていない。
○ たくさんの人に伝えたい情報・コンテンツがあるが、それらを反映できていない。

活動計算書上の金銭換算値

このプロボノプロジェクトの活動計算書上の金銭換算値は、約400万円に相当します。
活動計算書上の金銭換算値について、詳しくはこちらをご覧ください

NPO側の負担・申請条件等

ウェブサイト支援を提供するにあたり、以下の項目については、NPO側での実費経費負担をお願いしています。

(1) ウェブサーバーの使用料金やドメイン取得に要する費用(すでに使用されているサーバーやドメインを継続的に使用される場合は、特に費用が追加で発生することはありません。また、CMS導入等のシステム要件によっては、サーバーの移転をチームからご提案することがあります。)

(2) 「コーディング」作業にかかる費用。コーディングとは、HTML, CSS, JavaScript等を使って、ウェブサイトをインターネットブラウザ上で表示できるようにすることです。ウェブサイト制作の最終工程となるコーディング作業については、担当できるプロボノワーカーの数が非常に限られているため、外部パートナー団体等に作業を委託することがあります。作業委託を行う場合、NPOの皆さまには、この作業にかかる委託経費実費をご負担いただきます。昨今、WordPress等の「コンテンツ管理システム」(容易にコンテンツを書き換えられる管理機能を持つシステム)の実装や、スマートフォン・タブレット対応などのニーズが高まっており、必要な実費経費として、25万円〜35万円程度を想定いただくことが必要です。
なお、この経費に関して、私どもサービスグラントが受け取る部分は一切なく、全額、外部協力技術者へ支払われる実費経費です。その点につきましても、十分ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

これまでの実績紹介

  • 新しいウェブサイトで活動をより具体的にイメージできるようになりました
    more 
  • リニューアル後、団体のサービスへの利用申込み数が2〜3割増加しました
    more 
  • 絡みあった糸をほぐすように整理、断捨離。更新がとても楽になりました。
    more 
  • 団体の事業やビジョンを正しく伝える、重要なツールができました。
    more 
  • ウェブ上で誰でも簡単に、事業の全体像を理解できるようになりました
    more 
  • タイムリーな情報発信により、組織の発展とビジョン実現に近づきました
    more 
  • 活動を見直す機会を得て、もっと自信が持てるようになりました。
    more 
  • 信頼感が増したことで企業からの大口の寄付が実現しました
    more 
  • タイムリーに情報提供ができるようになり、アクセス数が増えました
    more 
  • 社会的な信頼性が上がり、しっかりしているNPOと言われるようになった
    more 
  • 様々な考え方や意見を出し合うことで、自らの活動への意識が深まりました。
    more 
  • 活動規模拡大とプロボノの相乗効果が、社会的な注目や信頼につながった
    more 
  • ウェブ経由の問い合わせや各種メディアからの問い合わせが増加しました
    more 
  • ウェブサイトリニューアルが事業拡大の一助になっています
    more 
  • 組織にとって重要度の高い仕事を選び抜くことができるようになりました
    more 
  • 人と人とのつながりを感じられる、応援団のような存在
    more 
  • サイトへのアクセス数が1.5倍、問い合わせ件数も増えました。
    more 
  • 団体がどんな活動をしているのか、知ってもらいやすくなりました。
    more 
  • 伝えたい人に、伝えたい情報を、届けやすくなりました!
    more 
  • 初歩的な質問はホームページで解消されるので、電話対応の負荷が減りました。
    more 
  • 学校の先生方やボランティア希望者から、予想以上の反応がありました
    more 
  • 活動への参加者が増加し、企業との協働案件も動き出しています。
    more 
  • 「バリアフリー上映」の情報が集まるプラットフォームが完成
    more 
  • 「この会が言っていることなら信じてもいいのかな」と思えるサイトが実現しました。
    more 
  • 怪訝そうだった担当者の声のトーンが、変わっていくのが分かりました。
    more 
  • 「DV」で検索すると、Wikipediaに続いて、第2位に表示されます。
    more 
  • ホームページを見たという個人や企業から、会員や寄付の申し出を受けました。
    more 
  • アクセス数が2倍、サイト滞在時間も大幅に伸びました。
    more 
  • 大手の映画会社などから受注が続き、事業として回るようになってきました。
    more 
  • 年間の助成金の額が100万円増えました。
    more 
  • 国連の機関から称賛され、イギリスの学校の授業で利用され、世界中で見られています。
    more 

 

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT