NPO法人 フローレンス [ウェブサイト]

仕事と育児の両立が当たり前の社会を目指して、病児保育問題を解決するのがフローレンスです。

http://www.florence.or.jp/

NPOのニーズ

こどもレスキュー隊員による病児保育で子育てを支援する「フローレンス」。子育て経験をもつベテランママが、風邪ひきの子どもの世話をすることで、働く家庭を応援しようと、保育の世界に新風を吹かせています。2012年までに東京23区で病時保育サービスの提供を目標とするフローレンスでは、「病時保育といえばフローレンス」と言われるような、団体のブランドの基盤となるようなサイトを望む声がありました。
と同時に、子育て家庭にも、ベテランママにも、企業や行政にも、スタッフやボランティアにも、みんなに参加してフローレンスを盛り上げて欲しい、という思いがありました。フローレンスの勢いと思いを伝えながら、多くの人の共感を呼ぶようなサイトづくりが望まれました。

チームの取り組み

当初、インターネットを多用する世代である20代、30代の子育て家庭を対象とするWEBサイトを提案しましたが、議論を進めていく中で、フローレンス側からは、子どものケアにあたるベテランママの拡大が重要課題である、というニーズがより鮮明に浮かび上がり、子育て経験を持つ40〜60代の女性世代を第一ターゲットとしたサイトとしました。
トップページのメインビジュアルとなる写真は、従来は、若い母親と子どもの写真でしたが、意識的に、ベテランママ、子ども、家族という3世代が入った写真に、そして、キャッチコピーの「あなたの子守歌をもう一度聞かせてください」も、ベテランママに向けたメッセージを前面に打ち出しました。また、温かみが感じられる写真、カラー、フォントを効果的に用い、親しみやすいイメージを持つWEBサイトとしました。

成果

フローレンスの認知度がアップしたことも手伝い、WEBサイトへのアクセスがリニューアル前に比べて2倍以上に増えました。しかも、新しいサイトになったことで、サイト訪問者1人当たりのサイト滞在時間も大幅に増え、サイト内で情報をじっくり閲覧していることがアクセス解析から分かってきました。レスキュー隊員募集の記事へのクリックも増え、ベテランママの参加獲得にも一役買っているとのことです。

NPOの声

NPO法人 フローレンス
インターン(当時) 入谷 聡さん
NPOにとって不足しがちな人材、それがまさに「デザイン」と「IT」の領域です。フ ローレンスの場合もまたしかり。従来のwebサイトは、代表の知人や学生インターンの手による寄せ集めで、見栄えも今一つ、管理・更新もしづらいものでした。
 その状況を、圧倒的なプロの仕事で変革してくれたのが、サービスグラントの方々です。経営課題に焦点を絞ったコンセプトワーク、コピーライト、デザイン、どれをとっても、並のNPOにはできないほど、質の高いwebサイトを作り上げていただきました。以来、フローレンスのwebサイトは、強力かつ効果的な営業マンとして、大活躍しています。
 当時私は、学生インターンとして、一緒に作業をさせていただきながら、プロフェッショナルの仕事ぶりを垣間見させていただきました。優れた技能と経験を持った方のボランタリーな参加が、社会変革の力を大きく増すという実感は、今なお強く印象に残っています。

プロボノワーカーの声

  • これなら自分でも無理なくできるかも、と思いました。
    more 

チームメンバー

その他の実績

  • 様々な考え方や意見を出し合うことで、自らの活動への意識が深まりました。
    more 
  • サイトへのアクセス数が1.5倍、問い合わせ件数も増えました。
    more 
  • 信頼感が増したことで企業からの大口の寄付が実現しました
    more 
  • 年間の助成金の額が100万円増えました。
    more 

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT