NPO法人FC岸和田 [事業計画立案]

地域総合型スポーツクラブとして、岸和田市及び近隣自治体に住むすべての人々が楽しんで参加できるよう、サッカーやダンス、ヨガ、テニスなど8種目のスポーツ教室や大会の開催、及び、スポーツイベントの計画・運営を行っています。民間のスポーツクラブとは異なり、多くのボランティアスタッフの協力と助成金の活用によって低価格のサービス提供を行い、地域のハブとして大切な役割を担っています。

http://fckishiwada.or.jp

NPOのニーズ

時々の市民の声に応えてきた結果、順調に会員数が推移し事業拡大に繋がっている一方で下記のような課題もありました。
・限られたスタッフでいかに『業務の効率化』をしてくのかといった課題
・理事会等の組織体制が10年前の設立当初と変わっておらず、『理事、委員会の体制の最適化』『若手登用に向けた方策の検討』といった課題
次の10年を見据えてよりよい地域のスポーツクラブとして発展をするため、外部の視点から組織全般についての分析や課題克服への助言を期待されていました。

チームの取り組み

チームではニーズ先行で確実に積み上げていく従来からの組織運営方法を認めながら、10年の節目のタイミングに将来ありたい姿を共有し、そのビジョンのもとに事業推進を考えていくことを提案しました。
その準備としてまずは現状把握を目的とした利用会員のニーズを正しく捉えるためのオンラインアンケートの実施。また、それだけではなく、未来のFC岸和田を考えるリアルなワークショップを企画し、老若男女に渡る会員、スタッフ、理事それぞれがどのような組織の未来を描いているのかを共有し確認する機会を設け、意見を抽出しました。その結果を3年度のビジョンの提案とした他、組織体制の検討にあたって、理事会、クラブマネジャー、運営委員それぞれの業務面、資金面での役割を再定義し役割の違いによる効果やコミュニケーションの流れなどについても整理しました。業務改善の課題については負荷が集中しているクラブマネジャーの時間単位の業務分析を行い、本来の役割定義と照らし合わせて改善ができるポイントを洗い出した他、役立ちそうな市販のツール紹介も行いました。

NPOの声

NPO法人FC岸和田
理事 河内賢一様
(1)人材要件の定義が明確に
今の業務の中でも最終提案の内容は参考になっています。特に理事、クラブマネジャーなど主要な役割定義が言語化された資料は頭の中の整理にとても役立っていて、次に理事に迎える人の基準、仕事内容を明確に示されているのでそれに沿った人を見つければよいといういい判断基準となっています。
また、チームから資金調達が理事の大きな役割の1つだと明確に言ってもらっていたので、新しいグラウンドの新設の際にも、理事の中でなんとかするという共通の認識があって助かりました。

(2)業務範囲の見直しと変更
クラブマネジャーの業務の見直しの結果、本来クラブマネジャーが担う必要のない事務作業を切り離しました。それによって本来、組織運営において果たすべき役割、本当に時間を充てるべき業務に集中できるようになり業務改善に繋がっています。具体的に既存スタッフの契約の改訂と新たな採用による業務の補完などの環境整備が進められ、クラブマネジャーの膨大な拘束時間が解消されました。

(3)その他
色々頂いた提案の中でFC岸和田の目指す姿として「地域のハブとなる」といったこともありましたが、新設したグランドが堺市から南にある唯一のサッカーグランドという立地上、サッカーに限っていえば地域のハブになってきています。また、従来からの課題である次の運営を担う若手の登用については、グランド新設後、シニアの40歳チームの人数が増えて活性化をしてきたので、その人達の中から新たな理事など組織の運営側に入る人材を確保できるようになれば、と期待しています。

チームメンバー

その他の実績

  • 初歩的な質問はホームページで解消されるので、電話対応の負荷が減りました。
    more 
  • 活動規模拡大とプロボノの相乗効果が、社会的な注目や信頼につながった
    more 
  • 共通認識を役職員が共有する土壌ができたことが最大の財産
    more 
  • リニューアル後、団体のサービスへの利用申込み数が2〜3割増加しました
    more 

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT