活動計算書上の金銭換算値について

NPO法人の決算資料のひとつである「活動計算書」には、物品寄贈やボランティアなど、NPO特有の項目についても記載することができます。

金銭だけに注目すれば財政規模の小さい団体でも、物品寄贈や数多くの信頼できるボランティアが活躍する団体であれば、活動計算書には、金銭のみを記載した時よりも大きな数値を記載することができます。

事務所の無償提供を受けたり、企業から物品の寄贈を受けていたり、多数のボランティアが活躍している場合は、それらの金銭価値を数値化し、仮にそれをお金で買っていたらいくら分の価値に相当するか、を表現することができます。

活動計算書を活用することで、NPO法人が、お金以外にも、さまざまな社会資源を集め、それらを動かしながら活動しているということを数値化することで、NPOの活動状況やその実質的な規模感を、より正確に伝えることができる可能性があります。

こうした背景のもと、サービスグラントでは、もし仮にプロボノサービスと同等のプロフェッショナルサービスが、一般の市場価格を基準に有償で提供されていたとしたら、そのサービスがいくらぐらいになるのか、について目安を提示させていただいています。

サービスグラントを通じてプロボノサービスを受けたNPO法人の皆さまは、活動計算書の作成の際に、よろしければぜひご活用ください。

サービスグラントの種類
活動計算書上の金銭換算値
ウェブサイト
4,000,000円
印刷物
3,500,000円
営業資料
3,500,000円
寄付管理
3,000,000円
業務フロー設計
3,000,000円
プログラム運営マニュアル
3,500,000円
事業計画立案
3,500,000円
マーケティング基礎調査
2,500,000円

 

金銭換算値の計算方法

金銭換算値は、プロボノプロジェクトに参加するプロボノワーカーの(1)時間、(2)単価、(3)人数の積算により計算しています。

(1) 時間

サービスグラントでは、すべてのプロボノプロジェクトについて、プロジェクトの進め方の概略を示す「進行ガイド」を用意しています。進行ガイドには、プロジェクトの立ち上げから納品に至るまで、各ポジションのプロボノワーカーが、どこでどれぐらい作業を行うかの目安を記載しています。プロボノサービスを提供する時間については、この目安に従って計算しています。
参考までに1件のプロジェクト(約5〜6ヵ月間)につき、アカウントディレクターは50〜60時間、プロジェクトマネジャーは100〜110時間、その他のメンバーは80〜90時間のプロボノサービスを提供する想定により計算を行っています。

(2) 単価

プロボノワーカーが所属する企業によって、見積書に記載する工数単価は大きく異なります。また、業種・業界等によっては、工数単価で見積書を提出する慣行がない場合もあります。そして、もちろん、プロボノワーカーの年齢・経験・業績等によっても、単価は大きく異なります。
こうした中、サービスグラントでは、米国タップルートファウンデーションが算出した基準を取り入れ、便宜的に、プロボノワーカーのポジションごとに、次のような単価設定をさせていただきました。

職位・経験
1時間当たりの工数単価(1ドル=80円で計算)
シニアレベル
1時間につき180ドル(14,400円)
ミドルレベル
1時間につき120ドル(9,600円)
一般レベル
1時間につき85ドル(6,800円)

アカウントディレクター(AD)をシニアレベル、プロジェクトマネジャー(PM)をミドルレベル、その他のメンバーの皆さまは、便宜的に一律で、一般レベルとして金銭換算値を計算させていただきました。
【参考】参考資料を、米国CECP(Committee for Encouraging Corporate Philanthropy)ウェブサイトからダウンロードが可能です。こちらからアクセスしてご覧ください。

(3) 人数

サービスグラントのプロジェクトでは、プロジェクトの種類によって、また、支援対象となるNPOのニーズ等によって、チームに参加する人数が決まります。
ホームページ上で掲載する金銭換算値は、以下のメンバーによって構成されるチームを想定して計算しています。

ウェブサイト アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、マーケッター、情報アーキテクト、コピーライター、ウェブデザイナー、マークアップエンジニア
印刷物 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、マーケッター(2名)、コピーライター、グラフィックデザイナー
営業資料 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、マーケッター(2名)、コピーライター
寄付管理 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、ビジネスアナリスト(2名)、マーケッター
業務フロー設計 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、ビジネスアナリスト(2名)、マーケッター
プログラム運営マニュアル アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、ビジネスアナリスト(2名)、テクニカルライター
事業計画立案 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、ビジネスアナリスト(2名)、マーケッター
マーケティング基礎調査 アカウントディレクター、プロジェクトマネジャー、マーケッター(3名)

 
活動計算書への記載方法・記載上の注意点

上記の金銭換算値を活動計算書に記載する際には、「経常収益」と「経常費用」の両方に、プロボノによる支援に関する項目を記載します。

まず、プロボノによる支援を受けたことは、上記に示す金額相当の助成金を受け取ったものと同等の価値があると見なして、「経常収益」の項目にある「受取助成金」の内訳の一つとして「プロボノ受入評価益」を記載します。

あわせて、団体としては、プロボノサービスを活用した事実を表現するために、「経常費用」の項目における「事業費」の内訳の一つとして「プロボノ評価費用」を記載します。

最終的に、プロボノに関連して記載した「経常収益」と「経常費用」とが、プラスマイナス・ゼロとなるようにしていきます。

▼記載例

(経常収益)
受取助成金
 プロボノ受入評価益 4,000,000円
  :
(経常費用)
事業費
 プロボノ評価費用 4,000,000円

 
【注意事項】

金銭換算値を活動計算書に記載するかどうかの判断は、各団体が任意に決めていただくことができるものです。必須や義務を伴うものではありません。

サービスグラントの金銭換算値は、プログラムの改善・修正や、計算方法の改正等にともない、予告なしに変更させていただく場合があります。変更の際は、このウェブサイト上に最新の情報を掲載させていただきます。

NPO法人の皆さまで、活動計算書の記載について不明点やご質問がある際は、お気軽にサービスグラント事務局までお問い合わせください。

Taproot 個人情報保護方針 © 2009-2017 認定NPO法人サービスグラント. All rights reserved. SERVICE GRANT